最新脳科学情報

最新脳科学情報

2015.11.10

「好きなもの」より「思い出せるもの」を選んでしまう

 

lgf01a201409022300

 

私たちは日々いろんな物事を選択しながら生きています。

仕事に何を着ていくか、ランチに何を食べるか、ショッピングで何を買うか・・・

 

こうした”選択”についての最新の研究によると、必ずしも好きなものを選んでいるわけでもないようです。

ポイントは、”記憶に強く残っているかどうか”??

 

 

スイスのバーゼル大学の研究グループによると、

選択に関係しているのは、記憶に関係する”海馬”と欲求に関係した”前頭前野腹内側部”の間のつながりでした。

つまり、物を決めるときには好きかどうかではなく、”覚えているものかどうか”ということが重要なのです。

 

この実験はMRIを使って、パネル上にいろいろな食べ物を並べて、記憶してもらい、その後にどれを選ぶかを検証するものでした。

その食べ物に対してハッキリとした好みが無い場合は、強く覚えているものを選んだそうです。

(とても嫌いだと考えたものについては、強く覚えていても選ばなかった)

 

人間は自由意志でいろいろなことを決めていると思いがちですが、案外脳にだまされている部分も多いのです。

 

 

参考文献:
Gluth, S., Sommer, T., Rieskamp, J., & Büchel, C. (2015). Effective Connectivity between Hippocampus and Ventromedial Prefrontal Cortex Controls Preferential Choices from Memory. Neuron86(4), 1078-1090.