センタンについて

消費者の「タテマエ」を見破る、
リサーチがあります。

主観指標によるリサーチの限界

売れないだろうと考えていた商品が消費者調査で思わぬ高スコアを獲得し、市場に投入したものの、やはり売れなかった

おもしろそうなアイデアなのに、なぜか調査では低スコアを記録してしまう

商品のヒットや不振の原因が、よく分からない

 ビジネスでそんな失敗をしたことや、課題を感じたことはありませんか?その一因は、ターゲットの主観だけを評価するリサーチ手法にあります。
 なぜなら、消費者にとって自分が無意識に感じたことや意思決定のプロセスを正確に説明することは難しく、また、実験時の記憶は些細な要因によって瞬く間に歪められてしまうからです。

生理指標を活用するアプローチ

 センタンでは、アンケートやインタビューによる主観評価に加え、消費者が商品を見ている時の脳波・心拍・表情・視線の動きなどの生体反応をリアルタイムに計測する実験を行い、その変化からターゲットが自分では意識していない領域まで含む深いインサイトを浮き彫りにしていきます。
 生理指標を活用するこうした調査では、対象者が遠慮してネガティブな評価をできないというデメリットがなく、「この商品に対する気の利いたコメントをしなければ」といった無駄な気構えも不要なので、より人の「本音」の評価を引き出すことができるのです。
 また、主観評価では、たとえば商品Aも商品Bも「とても好き」と調査対象者に答えられ、両者の優劣が測れないといったケースがあります。そうした際に言葉だけでは表現できない人の気持ちの強さを定量化し、どちらの商品により大きな魅力を感じているのかを明らかにできることも、この調査手法の優れたメリットだといえるでしょう。

3つの要素から、ヒトを深く知ること。

CENTANの“トライアングル分析メソッド”

主観(気持ち) 人の意識下にある評価を直接聞き出します 生理(無意識) 人の“無意識の反応”“一瞬の反応”を捉えます 行動(結果) 人の心身の変化を定量的に測定します ある事象が人に与える“心と身体への影響”を包括的に把握します。

主観指標による計測

  • アンケート

    ある物事に対してどう感じているか、何を考えているかなど、人の意識化された気持ちを調査
  • 心理尺度

    人の行動や意識といった明確な形がないもののあり方を、複数の質問項目への回答から客観的数値で表示
  • 認知面接

    記憶モデルに基づいて、より正確で豊富な記憶を引き出すことができるよう設計されたインタビュー手法

生理指標による計測

  • 脳波

    背景脳波、事象関連電位

    気分、注意、作業負荷など

  • NIRS

    前頭葉の脳血流

    興味関心、味覚刺激への反応など

  • fMRI

    血流動態反応

    思考や認知処理など

  • 心拍

    心拍数、心拍変動

    興奮、覚醒、ストレス、リラックスなど

  • 唾液

    アミラーゼ計測

    ストレス

  • 皮膚電気活動

    皮膚コンダクタンス水準・反応

    覚醒度・驚きなど

行動指標による計測

  • 認知課題/評定課題

    反応時間、正答率といった課題成績から気分、感情、記憶、注意などを定量化
  • 行動コーディング

    アンケートでは測定が難しい無意識の行動の変化を計測

    特定の行動が「どのように」「何回」されているかを、その時の状況やかかった時間などから考察します。

  • 視線

    視線の動き、滞留時間

    注意のレベルや推移など

プロセスのすべてをオープンに、科学的に。

透明性

データ取得の方法、解析手法、結果のすべてを開示します。

実験終了後には、報告レポートとともに使用した質問紙や解析手法、ローデータをクライアントへ開示しています。

倫理性

人間を対象にした実験であるため、常に安全で倫理的な方法を適用しています。

対象者に実験へ参加していただく際に、目的や方法を事前にご説明し、 同意を取得したうえでリサーチを実施しています。

誠実さ

認知心理学・心理生理学に基づき、科学的手法で研究を行います。

科学者としての責任感をもち、科学の健全な発展に貢献できる知見を提供しています。